コンビニ3社冷凍チャーハンを炒飯女子が徹底比較【最強決定戦】

PARAPARA!

まいど炒飯栄養士のじゅりです。

突然ですが!炒飯が好きすぎて2020年4月「マツコ&有吉かりそめ天国」ガチガチ王道チャーハンランキングにて、”炒飯の有識者”として出演させていただきました!!

そんなチャーハンが好きすぎる私が!!!

最近コンビニで沢山見かけるようになった、
冷凍チャーハンを食べ比べて
ベスト・オブ冷凍チャーハンを決めようじゃないか!!

果たしてどれが一番美味しいのか・・・

 

ということで今回は、

炒飯が好きすぎて今まで5000食炒飯を食べてきたわたしが、

セブン・ファミマ・ローソンコンビニ3社の冷凍チャーハン6種類を食べ比べてみました!

冷凍チャーハンの分類

食べ比べるその前に、まずわたしの中のコンビニの冷凍チャーハンの分類をご紹介します。

冷凍チャーハンは3つの分類、
①コンビニ別、②サイズ別、③製造者別
に分けることができます。それぞれをお伝えします。

①コンビニ別冷凍チャーハン

■ファミリーマート
お母さん食堂ブランドで大小2種類あります。

■ローソン
1種類しか見当たらなかった・・・大きいのもあるのかな?

■セブンイレブン
4種類あります。炒め油香るチャーハンはカップと袋で中身や量は一緒です。

こう改めて比較してみると、セブンイレブンさんの冷凍チャーハンの種類が豊富ですね・・・!

②サイズ別冷凍チャーハン

1.食べきりサイズ炒飯

左からセブン(170g)・ファミマ(170g)・ローソン(200g)です。

女性でも1回で食べ切れるようなサイズです。セブンはカップもありますが、中身が一緒なので省きます。

2.大きめサイズチャーハン

これらはすべて300gのチャーハンです。

③製造者別チャーハン

今回の冷凍チャーハンは、実は製造者元が4社にわかれました。

ニチレイフーズ・キューレイ・味の素冷凍食品・テーブルマークの4社です。

製造元によってもかなり味が違います。

1.ザ★チャーでもおなじみ味の素冷凍食品さん。

セブンのカップチャーハンと、こちらの炒め油香るチャーハンです。

2.うどんやお好み焼冷凍食品でおなじみテーブルマークさん

ローソンの炒飯です。

3.キューレイ

こちらニチレイフーズグループのキューレイさん。セブンイレブンの直火炒め極上炒飯です。

4.ニチレイフーズ

ファミマのお母さん食堂シリーズはどちらもニチレイフーズなのですね!

セブンのすみれとのコラボ商品もニチレイさん。

コンビニ6種類の冷凍チャーハンいざ、実食!!!

では分類についてまとめたところで、、、

さっそく!すべてレンチンして食べ比べていきたいと思います!!!

いい匂いが漂っています!お腹すいた!!

おおおお、光り輝くチャーハンたち・・・並べると神々しいですね・・・

では、香ばしい度・パラパラ度・リピートしたい度、の3つを5粒(米粒とかけています)満点で判定していきます!

①セブンイレブン:炒め油香るチャーハン(138円)

香ばし度 ※※※(米粒3粒と読む)
パラパラ度 ※※※※
リピートしたい度 ※※

セブンイレブンのカップチャーハンの中身でもあるこちらの炒め油香るチャーハン。
*ちなみにカップチャーハンは中身も量も一緒で198円

まず、全卵を使用した大きめの卵や焼豚に注目です。余計な具材がはいっておらず卵・焼豚・ねぎのシンプルチャーハン。

ラードの風味や香ばしさ、ほのかにみりんからの甘みもはいっています。

製造者:味の素冷凍食品
電子レンジ(1袋):500W4分10秒、600W3分50秒

1袋内容量 170g
エネルギー 330kcal
たんぱく質 6.5g
脂質 9.7g
炭水化物 53.9g
食塩相当量 2.0g
[原材料名]米、全卵、焼き豚、ねぎ、植物性油脂、しょうゆ、風味油、清酒、香辛料、食塩、発酵調味料、みりん、チキンエキス調味料、ラード、チャーシュー風味調味料、酵母エキス、いため油(ラード、なたね油、ショートニング)/調味料(アミノ酸など)着色料(カロチン、カラメル)

②ローソン:チャーハン(138円)

香ばし度 ※(米粒1粒と読む)
パラパラ度 ※※
リピートしたい度

パッケージが可愛くわたしの中ではお気に入りのローソンのチャーハン。

具だくさんでどこか懐かしいようなふわっとした味のチャーハンです。お母さんがつくるような優しい味。

あんまりパンチや印象が少なかったですね。

製造者:テーブルマーク
電子レンジ(1袋):500W3分30秒、600W3分10秒

1袋内容量 200g
エネルギー 398kcal
たんぱく質 8.8g
脂質 12.4g
炭水化物 63.4g
食塩相当量 2.7g
[原材料名]うるち米(国内産)、チャーシュー、全卵、植物性油脂、野菜(ねぎ、にんじん)、炒り卵、たけのこ水煮、しょうゆ、食塩チキン調味料、ラード、オイスターソース、香辛料、オニオンエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、加工でんぷん、トレハロース、着色料(カラメル、カロチノイド)、キシロース、増粘剤(キサンタンガム) 

③ファミマ:XO醤香る五目炒飯(150円)

香ばし度 ※※※※(米粒4粒と読む)
パラパラ度 ※※※※
リピートしたい度 ※※※※

XO醤やえび醤からの海鮮系の奥深い風味と、焼豚からのコク深い風味が見事にマッチした一品です。

パラパラとしていて、強い旨味成分というわけではなくちょうどいい強さの旨味に包まれています。パクパクと一気に食べてしまいそうな一品です。

製造者:ニチレイフーズ
電子レンジ(1袋):500W3分20秒、600W2分50秒

1袋内容量 170g
エネルギー 327kcal
たんぱく質 10.4g
脂質 10.4g
炭水化物 48.1g
食塩相当量 1.7g
[原材料名]米(国産)、加工液卵、鶏卵、野菜(ねぎ、にんじん、たけのこ)、焼豚、しょうゆ、しいたけ、ショートニング、発酵調味料、食塩、豚油、香味油、でん粉、オイスターソース、XO醤、中華調味料、ポークエキスパウダー、にんにくペースト、えび醤、香辛料、いため油(なたね油)、調味料(アミノ酸等)、カロチノイド色素、酸味料

④セブンイレブン:すみれチャーハン(248円)

香ばし度 ※※※※(米粒4粒と読む)
パラパラ度 ※※
リピートしたい度 ※※※※※

札幌のラーメン店「すみれ」とセブンがコラボした、米・卵・チャーシュー・グリンピースのシンプルなチャーハン。

パラパラとはしておらず、もっちり系です。

しっとりとした食感のある米の中にひときわ美味しさが目立つのがチャーシュー。チャーシューが口の中でほろっとこぼれ、そして中からあふれる旨味。そしてチャーハン全体にある何層も奥深くにあるような風味。

かなりこのクオリティにびっくりしました。

製造者:ニチレイフーズ
電子レンジ(1袋):500W5分30秒、600W4分40秒

1袋内容量 300g
エネルギー 633kcal
たんぱく質 17.7g
脂質 23.1g
炭水化物 89.4g
食塩相当量 4.2g
[原材料名]米(国産)、加工液卵(鶏卵)、発酵調味液(発行調味料、酒精、でん粉、食塩)、焼豚(豚肉、しょうゆ、砂糖、酒)、しょうゆ、グリンピース、食塩、でん粉、ラード、ショートニング、中華調味料、香辛料、酵母エキスパウダー、しょうゆ加工品、いため油(なたね油)/調味料(アミノ酸など)、カロチノイド色素、酸味料

⑤ファミリーマート:極うまチャーシュー炒飯(300円)

香ばし度 ※※※※※(米粒5粒と読む)
パラパラ度 ※※※※
リピートしたい度 ※※

パラパラっとしていてごろっとしたチャーシューが多い炒飯です。味が濃い目で男性が好きそう!

特にチャーシューの旨味が多く舌で感じられるので、沢山食べる分には少しありすぎるなという印象です。

ネギのシャキシャキや卵感など一定以上のクオリティで美味しいです。なんとなくニチレイの本格炒め炒飯に一番似ている味に思いました。

製造者:ニチレイフーズ
電子レンジ(1袋):500W5分30秒、600W4分40秒

1袋内容量 300g
エネルギー 576kcal
たんぱく質 16.5g
脂質 16.5g
炭水化物 90.3g
食塩相当量 3.5g
[原材料名]米(国産)、加工液卵(卵白・鶏卵)、焼豚(豚肉、しょうゆ、砂糖、酒)、ねぎ、しょうゆ、発酵調味液、食塩、砂糖、ショートニング、ラード、ポークエキス、でん粉、しょうがペースト、いためねぎ、ポークエキスパウダー、にんにくペースト、しょうゆ加工品、酵母エキスパウダー、香辛料、いため油(なたね油)/調味料(アミノ酸など)、カロチノイド色素、酸味料

⑥セブンイレブン:直火炒め極上炒飯(298円)

香ばし度 ※※※※※(米粒5粒と読む)
パラパラ度 ※※※
リピートしたい度 ※※※※

全体的なバランスがよい炒飯です。チャーシューの大きさ・量・お米の若干のパラパラ具合ともっちり感、ネギのシャキシャキ感。

どれをとっても極上品。安定的に美味しい炒飯を求めるならこの炒飯ですね。

製造者:キューレイ
電子レンジ(1袋):500W4分40秒、600W4分

1袋内容量 300g
エネルギー 612kcal
たんぱく質 16.2g
脂質 22.2g
炭水化物 87.6g
食塩相当量 3.1g
[原材料名]米(国産)、鶏卵、チャーシュー[豚肉、しょうゆ、発酵調味料、砂糖、野菜(ねぎ・にんにく・しょうが))、植物性油脂、はちみつ、老酒、食塩、香辛料]、ねぎ、しょうゆ、XO醤、加工油脂、食塩、香味油(植物油脂・ラード・乾燥ネギ)、老酒、チキンブイヨン、ほたて貝エキス、チキンコンソメパウダー、オイスターソース、ポーク風味調味料、香辛料、酵母エキスパウダー、いため油(香味油(なたね油・ラード・乾燥ネギ))/調味料(アミノ酸など)、着色料(カロチノイド・カラメル)、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物

コンビニ冷凍チャーハン比較表はこちら

100gあたりにそれぞれの冷凍チャーハンを換算して比較表をつくりました!
*スマホの方は右にスクロールしてください。

一番低い数値を赤字一番高い数値を青字にしています。

商品名 炒め油香る
チャーハン
(
セブン)
炒飯
(ローソン)
XO醤香る
五目チャーハン
(ファミマ)
すみれチャーハン
(セブン)
極うま
チャーシュ炒飯
(ファミマ)
直火炒め極上
炒飯
(セブン)
商品画像
価格
100g当り
81.2円 69円 88.2円 82.6円 100円 99.3円
エネルギー 194kcal 199kcal 192kcal 211kcal 192kcal 204kcal
たんぱく質 3.8g 4.4g 6.1g 5.9g 5.5g 5.4g
脂質 5.7g 6.2g 6.1g 7.7g 5.5g 7.4g
炭水化物 31.7g 31.7g 28.2g 29.8g 30.1g 29.2g
食塩相当量 1.2g 1.3g 1g 1.4g 1.2g 1g

100g単位で統一してみると味意外にもわかるものがあります・・・!

炒飯栄養士が選ぶコンビニ冷凍チャーハンベスト3はこれだ!

わたしの個人的な意見にはなってしまいますが、6種類を食べ比べたわたしの中のコンビニ冷凍チャーハンベスト3を決めたいと思います!!!

3位ファミマ:XO醤香る五目チャーハン

3位はファミマのXO醤香る五目チャーハンです!!!!

具材たっぷりで、パラパラ感、野菜のしゃきしゃき感やXO醤の風味がたまらなく、

さらに人工的な旨味が薄めだったのでずっと食べ続けていられるチャーハンでした!!!

うまいぞ!ファミマ!

正直、管理栄養士的にはこのチャーハンが、低カロリー・高タンパク質などで1位の栄養バランスであります。つまり裏の1位。(されどチャーハン)

2位セブン:直火炒め極上炒飯

このチャーハンは圧倒的に全体のバランスがよかったです!!!

パラしっとり感よし、チャーシューの適度なごろごろ感、ネギや卵の食感。

個人的にはこれをカップのやつにいれてほしい・・・とにかく美味しい!!!

1位セブン;すみれチャーハン

1位はなんと!すみれのチャーハンです!!!!正直すみれをそこまで美味しいと知らなかった・・・・!

一口入れたときの奥深い味にやられました。これが冷凍チャーハンなのでしょうか。

しっとり系なのでパラパラ派なわたしとしてはそこが不服ですが、それを上回るほどの味のうまさ。チャーシューに特にびっくりしました。普通にラーメン屋さんとかで食べてそうなチャーシュー。

しかも、すみれチャーハンは100gあたりの値段でみてもそこまで高い方じゃないんですよね。

セブンでも小さめ冷凍チャーハンを買うよりは、圧倒的にすみれ冷凍チャーハンをおすすめします。

 

4位以降のランキングはあなたのご想像におまかせ・・・!

コンビニ冷凍チャーハンを食べ比べたまとめ

今回は、コンビニの冷凍チャーハンを食べ比べてみました。こんなにレベルが高いとは・・・。

また、同じコンビニの冷凍チャーハンでも製造元が違い、味も違うということに今回の食べ比べを得て驚き、新たな発見が得られました。

今回の記事が少しでもあなたのPARAPARAチャーハンライフのお役に立つことを!!!

 

また見てね!PARAPARA!

The following two tabs change content below.
日本一炒飯を愛する管理栄養士の佐藤樹里です。炒飯を美味しく食べるために筋トレしてます。エンタメから健康をお届けすることが使命。 ダイエットサポート・執筆・レシピ開発監修・取材・イベント考案主催・TVラジオ出演など、炒飯を主に食と健康に関する仕事をしています。 主に都内の町中華炒飯をめぐり中!!

関連記事

  1. チャーシューたっぷりガツン系炒飯といえばここ!【丸鶴@大山】

  2. これがデカ盛り一升炒飯の衝撃の破壊力!!【神楽坂飯店@飯田橋】

  3. しっとりチャーハンNo.1【すがも園@巣鴨】

  4. 辛うま!ナシゴレンなチャーハン【幸楽@新御徒町】

  5. 最高の納豆チャーハンに出会えた【ふーみん@表参道】

  6. 隠れた名店をみつけてしまった【大連@大森】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。